聞き返されることが多い人におすすめ「喋り方改善」

聞き返されることが多い人におすすめ「喋り方改善」
「今なんて言ったの?」「もう一度言って?」など、会話の途中で聞き返されることありませんか?

一度や二度ならいいですが、何度も聞き返されるとちょっと辛いですよね。

この記事では、聞き返されることが減る、喋り方のコツをご紹介します。

なぜ聞き返されるのか?

なぜ会話が聞き取ってもらえず、聞き変えさえてしまうのか。

原因は幾つかあります。

・滑舌が悪い

・声が小さい

・声がこもっている

・喋り方が悪い

これらが相手にとって聞き取りづらく、

結果聞き返されてしまうのです。

せっかく一生懸命話したのに聞き返されると心が折れますよね。

また、聞きかえされる方も、辛いですが、何度も聞き返さなくてはいけない方もストレスが溜まります。そうなってくるとお互い話しづらい相手になってしまいます・

また、うまく聞き取ってもらえないことで、仕事に支障が出るかも・・・少しでも直していけたらいいですよね。

「聞き返されてしまう」ことの、原因の一つ「喋り方」を変えることで改善できます。

「聞き返される」をなくす喋り方

会話の最後まではっきり言うことを心がける。

最初ははっきり喋れているのに、会話が続くにつれて語尾の声が小さくなってしまったり、早口になってきたりしていませんか?

よし!しゃべるぞとなった最初のうちは気合が入っていてちゃんと相手にとって聞き取りやすく話せているのに、最後の方になるとゴニョゴニョしてしまったり早口になったりするパターン。

挨拶やお礼などでも語尾がすぼんで行ってしまうことありますよね。そういう喋り方の人は結構います。周りにもいませんか?やっぱり聞きづらいですよね。

疲れてきたり、緊張で会話を早く終わらせたいなどが原因で、無意識に最後まで聞き取りづらい喋り方になってしまっているのです。

自分にそういう癖がないかチェックしてみてください。

自分に当てはまるなーと思ったら、会話中は最後まではっきり言うことを意識して心がけてみてください。

語尾までしっかりと言葉を発声すれば、そんなに大きな声でなくても聞き取ってもらえる率が格段にアップしますよ。

ゆっくりしゃべる

前述の「会話の最後まではっきりいうことを心がける。」でも書きましたが、話していて緊張している時は、早口言葉になりがちです。

そうすると相手には聞き取りづらいものになってしまいます。

しかも早口で喋ることで、自分の気持ちが焦るのを煽られ、ますます緊張。さらに相手に聞き返されることでも緊張、と緊張ループに陥ってしまいます。

意識的にゆっくり話すことで、

自分の気持ちも落ち着きますし、

早口で話されるよりは相手にとっても聞きやすくなります。

、。を意識して喋る

ゆっくり話すの延長ではありますが、会話を頭の中で文章にして、「、」や「。」を意識して話します。そうすると自然と早口になってしまうことが防げます。

大事な単語ははっきり言う

これは伝えなければ!という部分ははっきり言うことを意識しましょう。

電話などでも

「もしもし、田中です」

なら、はっきり言うべきは田中の方ですよね。

もしもしが早口になってしまったり、小さい声になってしまっても、

田中であることさえ伝わればセーフです。

重要な部分だけ相手に伝われば、相手も会話の内容が理解できるので聞き返されることは減ります。

FacebookTwitter

コメントは受け付けていません。

関連記事

会話力がない人の鍛え方
会話術 2018.03.22

会話力がない人の鍛え方

【コミュ障克服】沈黙を味方につけろ!
コミュ障の治し方 2018.03.11

【コミュ障克服】沈黙を味方につけろ!

話の話題に困ったら、このネタで切りぬけろ!
コミュ障の治し方 2018.03.10

話の話題に困ったら、このネタで切りぬけろ!

会話術の基本!聞き上手になれる3つのコツ
会話術 2018.02.24

会話術の基本!聞き上手になれる3つのコツ

褒める言葉「さしすせそ」
会話術 2018.02.24

褒める言葉「さしすせそ」